07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

水郷エリア釣行(2013/5/25)+リバーシーバス 

※個人ブログより転載※

先週の雪辱を果たすべく 、ホームの水郷エリアへバスを狙いに出撃した。
また、前日の仕事終わり後、利根川にシーバスを狙いに行ったので、まずはその記事から。

【5/24(金) シーバス】
5/24(金)の仕事後、利根川河口から30km程離れたエリアでシーバスを狙いに行った。
確か大潮だったので、潮が引いている最中の時間帯から狙いたかったのだが、
運悪く会議が長引き定時ダッシュが決まらず、やや遅れての9時頃からの開始となった。
(定時退社日だったのに、、、)

この日は、hiro君と出撃。
まずは、シーバスが居付いていそうな橋から開始。
風は強く、しかも向かい風の位置。
潮は既に引いた後で水位も低い。

小魚が岸際に流されているかな…と考え、プライアルバイブを岸から5m程のラインに投げる。
15分位投げていると、グンッというアタリ!
ドラグがジージーと鳴る、、、しかし、フッキングが甘かったのかバラシ。

続いて、堰付近に移動。
何も考えず、プライアルバイブやレンジバイブを投げるもノーバイト。
結局この日もノーフィッシュであった。。。
もうノーフィッシュが当たり前なので、全然悔しくはない!
…私はにわかシーバサーなので、シーバスについてはほとんど知識がない。
釣り場に合わせた戦術はおろかその日の戦略すらもないので、
「投げた、釣れた」レベルの釣りになってしまっている。
そのようなレベルの釣りではいけないので、
ちゃんと潮やベイトの種類を調査して、ある程度の戦略を用意して出撃しないとと改めて感じた。

続いてバス釣り。

【5/25(土) バス】
場所:YTN川、水路
釣行時間 6:00~14:00
気温 12.1~16.2℃(気象庁の記録より)
天気:晴れ(やや強い風)

冒頭にも記述したが、前回のノーフィッシュの雪辱を晴らすため、魚影が比較的濃いYTN川に出撃した。
YTN川は初の50upを釣った釣り場であるが、個人的に苦手意識がある。
テクトロ等、岸際をタイトに攻める釣り方で実績がある釣り場のようだが、
私はその方法で全く釣果が出ていないからだ。

同じ日、ゅぅきさんも出撃されることだったので、ピンポイントでご一緒させて頂くことになった。
お連れの方と一緒のところ、お邪魔してすみません!

YTNの前に、気になった水路があったので、早朝はそのポイントを攻める。
場所は控えさせて頂くがこの秘密の水路は私の切り札的な場所。
2回連続のノーフィッシュは精神的ショックが大きいので、最初からこのポイントを攻める。
いわゆる、最初からクライマックスである。

トップでも出そうな雰囲気だったが、釣果優先で4"カットテールを投入。
するとすぐにラインがスーッとと動く、軽く合わせると乗った!
しかし、足元でフックオフ。
魚体が見えたが、35cm程のレギュラーサイズだった。

再び同じポイントにキャストすると、またまたヒット!
今度は無事ランディング成功!
揚がってきた魚は…
ad81d5a4.jpg

40cmのグッドコンディションのバスだった!
ノーフィッシュを逃れたので、まずは一安心。

その後、30分程度で小バスとギルをゲット!
(写真は後ほど)

さて、ノーフィッシュに対するプレッシャーから解放されたところで、
いよいよ本日のメインであるYTN川に出撃!
ゅぅきさんと、お連れの方は 既に1匹ずつ釣られているとのこと。
お連れの方は43cmをゲットされたらしい。

期待しつつ、YTN川に向かう。
到着したのは8時頃。
先程の水路と違い、風を直接受けるポイントなので水面はやや波立っている。
時々、バスらしきライズも見られる。また、魚の波紋もある程度確認出来た。

まずは餌を求めて回遊している魚を狙うため、TN/50やソウルシャッドを投入。
が、反応なし。

続いてセオリー通り護岸を攻める。
4"カットテールのネコリグを岸際に落とし、リフト&フォールで誘う。
が、ノーバイトに終わる。
20m程、岸際をテクトロするも反応なし。
うーん、思った通りに行かない。

ここで事前に考えていたもう一つの戦術で攻めることに。
今回攻めたポイントは、護岸付近は水深2m程度だが、岸から10m程先に急激なブレイクが存在する。
最深部の水深は噂によると何と8m。
実際1/2ozのスピナーベイトが着底するまで10秒近くかかった。
ノーシンカーだと30分程度掛かるのではないだろうか。

今回考えていた戦術とは、スピナーベイトで確実にボトムを取り、
ボトムすれすれをトレースし、ブレイクに居付いているバスを狙おうというものだ。
早朝のフィーディングタイム後は、回遊していた魚もブレイクに移動するはず。

バイトを信じて投げ続ける。
しかし、無反応に終わる。
個人的に信頼しているスピンソニックでフォローするも無反応。

事前に用意していた戦術が通じず途方に暮れる。
ゅぅきさん達も、時々アタリはあるもののヒットには至っていない模様。

気分転換に私が早朝攻めた水路へ移動することにした。
葦際へノーシンカーを落とすとすぐに反応。
無事ランディング成功!
揚がってきた魚は…。
6635925a.jpg

34cmのレギュラーサイズのバスだった。
強い引きを楽しませてくれた。

その直後にまたレギュラーサイズがヒットする残念ながらバラシてしまった。
1日に2度のバラシ、日ごろからフッキングは強めを意識しないとだめだな。。。

その後、水路を歩きながら攻める。
すると小バスの反応が多数!
暖かくなってきて、小バスも高活性になっている模様。
2時間で釣れた数は…
5a5af31e.jpg

6匹!
ここまで連続して釣れることはあまりないので、とても嬉しい!
が、小バスを釣り過ぎるとポイントを潰すことに繋がる可能性もあるので複雑な心境。

その後、再びYTN川に戻り、今度は係留されている船の影を狙うことにした。
私はノーバイトだったが、ゅぅきさんには、何者かがヒット!
竿がすごいしなっているので、かなりの大物か!
しかし、残念ながらフックオフ、、、残念。

その後も粘り強く攻めるが、とうとうYTN川ではノーバイトノーフィッシュに終わった。

本日の釣果は、8時間で9フィッシュ、2ギルであった。

魚影が濃いとされるYTN川でもやはり釣るのは簡単ではない。
YTN川で安定した釣果を出されたゅぅきさんはすごいと思う。
私もスレた魚を確実に獲れる方法を模索しなければ。

私の釣果は、場所のおかげ。
小場所なのでスレるのも時間の問題で、来年も釣れるかどうかかなり怪しい。

ゅぅきさん、今回もご一緒させて頂きありがとうございました!
今回も色々と参考になりました!

<ヒットルアー>
ゲーリー3"グラブ ノーシンカー
ゲーリー4"カットテール ネコリグ

<2013年通算成績>
釣行回数:5回
ランディング数:13匹
最大サイズ:51cm

by yoshi
個人blog↓
http://blog.livedoor.jp/shagia1100/
スポンサーサイト

category: バス

Posted on 2013/05/26 Sun. 21:38  edit  |  tb: 0   cm: 4  

コメント

ナイスなバスだね♪
今度、俺も連れてって(^o^)

hiro #/rItj/Do | URL
2013/05/26 22:10 * edit *

>hiro君
ありがとう!
ちょっと遠いけど、了解笑。

yoshi #- | URL
2013/05/26 22:19 * edit *

釣行お疲れさま!
流石の釣果だね(^_^)v次は自分も時間合えばシーバス行きたいです(>_<)

nori #- | URL
2013/05/29 18:09 * edit *

>nori君
こんばんは、コメントありがとう!
今回は過去最高に調子がよかったです笑。

来月も帰省する予定なので都合合ったら是非行こう!

yoshi #- | URL
2013/05/29 19:35 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yawarafishing.blog.fc2.com/tb.php/55-f3a7549c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。