04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

水郷エリア釣行(2013/5/25)+リバーシーバス 

※個人ブログより転載※

先週の雪辱を果たすべく 、ホームの水郷エリアへバスを狙いに出撃した。
また、前日の仕事終わり後、利根川にシーバスを狙いに行ったので、まずはその記事から。

【5/24(金) シーバス】
5/24(金)の仕事後、利根川河口から30km程離れたエリアでシーバスを狙いに行った。
確か大潮だったので、潮が引いている最中の時間帯から狙いたかったのだが、
運悪く会議が長引き定時ダッシュが決まらず、やや遅れての9時頃からの開始となった。
(定時退社日だったのに、、、)

この日は、hiro君と出撃。
まずは、シーバスが居付いていそうな橋から開始。
風は強く、しかも向かい風の位置。
潮は既に引いた後で水位も低い。

小魚が岸際に流されているかな…と考え、プライアルバイブを岸から5m程のラインに投げる。
15分位投げていると、グンッというアタリ!
ドラグがジージーと鳴る、、、しかし、フッキングが甘かったのかバラシ。

続いて、堰付近に移動。
何も考えず、プライアルバイブやレンジバイブを投げるもノーバイト。
結局この日もノーフィッシュであった。。。
もうノーフィッシュが当たり前なので、全然悔しくはない!
…私はにわかシーバサーなので、シーバスについてはほとんど知識がない。
釣り場に合わせた戦術はおろかその日の戦略すらもないので、
「投げた、釣れた」レベルの釣りになってしまっている。
そのようなレベルの釣りではいけないので、
ちゃんと潮やベイトの種類を調査して、ある程度の戦略を用意して出撃しないとと改めて感じた。

続いてバス釣り。

【5/25(土) バス】
場所:YTN川、水路
釣行時間 6:00~14:00
気温 12.1~16.2℃(気象庁の記録より)
天気:晴れ(やや強い風)

冒頭にも記述したが、前回のノーフィッシュの雪辱を晴らすため、魚影が比較的濃いYTN川に出撃した。
YTN川は初の50upを釣った釣り場であるが、個人的に苦手意識がある。
テクトロ等、岸際をタイトに攻める釣り方で実績がある釣り場のようだが、
私はその方法で全く釣果が出ていないからだ。

同じ日、ゅぅきさんも出撃されることだったので、ピンポイントでご一緒させて頂くことになった。
お連れの方と一緒のところ、お邪魔してすみません!

YTNの前に、気になった水路があったので、早朝はそのポイントを攻める。
場所は控えさせて頂くがこの秘密の水路は私の切り札的な場所。
2回連続のノーフィッシュは精神的ショックが大きいので、最初からこのポイントを攻める。
いわゆる、最初からクライマックスである。

トップでも出そうな雰囲気だったが、釣果優先で4"カットテールを投入。
するとすぐにラインがスーッとと動く、軽く合わせると乗った!
しかし、足元でフックオフ。
魚体が見えたが、35cm程のレギュラーサイズだった。

再び同じポイントにキャストすると、またまたヒット!
今度は無事ランディング成功!
揚がってきた魚は…
ad81d5a4.jpg

40cmのグッドコンディションのバスだった!
ノーフィッシュを逃れたので、まずは一安心。

その後、30分程度で小バスとギルをゲット!
(写真は後ほど)

さて、ノーフィッシュに対するプレッシャーから解放されたところで、
いよいよ本日のメインであるYTN川に出撃!
ゅぅきさんと、お連れの方は 既に1匹ずつ釣られているとのこと。
お連れの方は43cmをゲットされたらしい。

期待しつつ、YTN川に向かう。
到着したのは8時頃。
先程の水路と違い、風を直接受けるポイントなので水面はやや波立っている。
時々、バスらしきライズも見られる。また、魚の波紋もある程度確認出来た。

まずは餌を求めて回遊している魚を狙うため、TN/50やソウルシャッドを投入。
が、反応なし。

続いてセオリー通り護岸を攻める。
4"カットテールのネコリグを岸際に落とし、リフト&フォールで誘う。
が、ノーバイトに終わる。
20m程、岸際をテクトロするも反応なし。
うーん、思った通りに行かない。

ここで事前に考えていたもう一つの戦術で攻めることに。
今回攻めたポイントは、護岸付近は水深2m程度だが、岸から10m程先に急激なブレイクが存在する。
最深部の水深は噂によると何と8m。
実際1/2ozのスピナーベイトが着底するまで10秒近くかかった。
ノーシンカーだと30分程度掛かるのではないだろうか。

今回考えていた戦術とは、スピナーベイトで確実にボトムを取り、
ボトムすれすれをトレースし、ブレイクに居付いているバスを狙おうというものだ。
早朝のフィーディングタイム後は、回遊していた魚もブレイクに移動するはず。

バイトを信じて投げ続ける。
しかし、無反応に終わる。
個人的に信頼しているスピンソニックでフォローするも無反応。

事前に用意していた戦術が通じず途方に暮れる。
ゅぅきさん達も、時々アタリはあるもののヒットには至っていない模様。

気分転換に私が早朝攻めた水路へ移動することにした。
葦際へノーシンカーを落とすとすぐに反応。
無事ランディング成功!
揚がってきた魚は…。
6635925a.jpg

34cmのレギュラーサイズのバスだった。
強い引きを楽しませてくれた。

その直後にまたレギュラーサイズがヒットする残念ながらバラシてしまった。
1日に2度のバラシ、日ごろからフッキングは強めを意識しないとだめだな。。。

その後、水路を歩きながら攻める。
すると小バスの反応が多数!
暖かくなってきて、小バスも高活性になっている模様。
2時間で釣れた数は…
5a5af31e.jpg

6匹!
ここまで連続して釣れることはあまりないので、とても嬉しい!
が、小バスを釣り過ぎるとポイントを潰すことに繋がる可能性もあるので複雑な心境。

その後、再びYTN川に戻り、今度は係留されている船の影を狙うことにした。
私はノーバイトだったが、ゅぅきさんには、何者かがヒット!
竿がすごいしなっているので、かなりの大物か!
しかし、残念ながらフックオフ、、、残念。

その後も粘り強く攻めるが、とうとうYTN川ではノーバイトノーフィッシュに終わった。

本日の釣果は、8時間で9フィッシュ、2ギルであった。

魚影が濃いとされるYTN川でもやはり釣るのは簡単ではない。
YTN川で安定した釣果を出されたゅぅきさんはすごいと思う。
私もスレた魚を確実に獲れる方法を模索しなければ。

私の釣果は、場所のおかげ。
小場所なのでスレるのも時間の問題で、来年も釣れるかどうかかなり怪しい。

ゅぅきさん、今回もご一緒させて頂きありがとうございました!
今回も色々と参考になりました!

<ヒットルアー>
ゲーリー3"グラブ ノーシンカー
ゲーリー4"カットテール ネコリグ

<2013年通算成績>
釣行回数:5回
ランディング数:13匹
最大サイズ:51cm

by yoshi
個人blog↓
http://blog.livedoor.jp/shagia1100/
スポンサーサイト

category: バス

Posted on 2013/05/26 Sun. 21:38  edit  |  tb: 0   cm: 4  

リベンジ釣行 

5/13(月)AM4:30~AM10:30

今日も仕事が夜勤の為、朝から利根川にリベンジに行ってきました!

自分は釣りしながら明るくなっていくのを眺めてるのが好きなので1人の釣行は朝が多いです。

夜行きたいけど怖いし

最近は連敗していたのでなんとか釣りたい

夜からリーダーを結び直し代表ルアーを選出!

最近は給料が出るたびに気になるルアーを買ってしまいルアーは増える一方

自分は張り切り過ぎると釣れないのですがかなり気合いが入ってしまいなかなか寝つけません。

リールを巻くイメトレをして寝ることに

家を出発したのは朝の4時。

今日は周りたいポイントがいくつかあるので予定を考えながら運転。

ポイントに到着し釣りを開始!

天気は曇り、風はほとんどないけど寒い!

水温は約15℃流れほとんどなし

とりあえず前方約40mにうっすら出てる潮目を狙いキャスト開始!

たまにショートバイトはあるが掛からず

変化のある場所を探しランガン。

しかし何も反応が出ない。しばらく粘って流れが変わるのを待つことに…。

やっと自分の待っていた流れが出始め変化の出始めがチャンスと思いガンガンキャスト!

「ガンッ」!!

食った!!最初の走りは良かったがその後のやりとりでレギュラーサイズだと予想。

上がってきたのはこのサイズ

跳ねてるシーバスもいたけどこのポイントの型も少し落ちたかな

ヒットルアーはサスケ120裂波!

活性は高くなってきたけど後が続かずポイント移動することに。

夢中でやっていたら晴れてめちゃくちゃ暑くなったし時間もAM9:30!

他のポイントは数投しか投げられず下見程度になってしまいました

最初のポイントで時間を使いすぎました!次はしっかりポイント開拓したいです

活性の高いシーバスをもっと確実にキャッチ出来るようにしていきたいと思います

by nori

category: シーバス

Posted on 2013/05/13 Mon. 17:17  edit  |  tb: 0   cm: 5  

狩野川水系釣行 

5/12
出張も残すところ1週間。
茨城に帰る前に
「もう一度、アマゴを釣りたい」
ということで狩野川支流へ行ってきました。
出張最後の渓流釣りということで
仕事仲間のN君も同行してくれました。


今回の釣行で、1つ不安要素がありました。

「増水です。」

11日から降りだした雨。
日付が変わる頃には止むとの予報でした。
しかし、増水した水位がどの位で下がるのかは
この川での経験が浅い私には予測不可能でした。

一か八か前日に平塚を出発!
22:00位には川近くのコンビニに到着。

コンビニに着くまでに本流の様子を見ましたが
濁流と化していました。

不安を抱えながら夢の中へ…

朝、起きてみると雨は止んでいました。

まず朝一は
前回釣果のあった支流に入りました。

川の濁りはだいぶとれていました。
しかし、水は増水気味です。
水の流れもかなり速くガンガン流れています。

シンキングミノーのリッジ50sでいきます。
激しい流れの中に魚の好みそうな流速を発見!
アップでキャストし、連続トウィッチ!!
すると一投目でアタリが!
残念ながらヒットには至りませんでした。

同じ立ち位置から
今度はダウンクロスでキャスト。
水から飛び出さない様にラインを送り込みながら
優しくトウィッチ。
ルアーが流芯から外れ、
岸に寄ってきた所でヒット!



レギュラーサイズのアマゴをキャッチ。
相変わらず綺麗でした。

川を上がって行くのが困難そうだったので
下って行くことにしました。

竿抜けと思われるポイントで
チェイスはあるもののヒットに繋がらず…
厳しい状況が続きます。

今、下って来たところを今度はアップで攻めます。
アップでチビアマゴ君を1キャッチ!

結局、その一匹だけで最初のポイントまで
戻って来てしまいました。

休ませていた最初のポイントを
もう一度攻めてみます。
反転流に打ち込み
水を噛んだところで連続トウィッチ!
一瞬、スッとラインテンションを抜いてやると

「コンッ!」

やはり、食ってきた!



その後、別のポイントで
かわいいアマゴをもう一匹追加し川を変える事に。

次の支流に着いのは昼近くでした。
やはりチェイスはあるもののヒットせず…
最後に上がってきたのは「カワムツ(?)」でした。
この魚で今日は終了!

茨城に帰ると静岡には中々これないので
最後にアマゴの顔が見れてよかったです。

いつかまた伊豆のアマゴに会いに来たいと思います。



釣行時間
6:00~14:00

by hiro

category: 本流・渓流釣り

Posted on 2013/05/12 Sun. 22:12  edit  |  tb: 0   cm: 4  

中禅寺湖釣行 

5/5
ゴールデンウィークで帰省中の茨城を
前日の22:00に出発!
中禅寺湖には1:30位に到着しました。

やはり中々寝付けず睡眠時間は30分程…

朝4:00過ぎに準備を終え釣りを開始!
今日は山側オンリーでいきます。

歩く事も考え、
いつも履いているウェーダーは履かずに
ウェーディングシューズと
ソックスの組み合わせでいきました。

朝一からミノーイングで攻めるも不発。

場所移動中にスプーンで
レイクを上げている人を何人か見ました。

今日はスプーンのほうがいいのかな?

あまりの反応のなさに
ミノーからスプーンへ変更!

9:00迄投げたおすも反応はありません。

そこから一時間程、睡眠をとります。

起床後、タバコに火をつけ
遊覧船から放たれる波が岸に打ち付けられるのを
ボーっと見ていると水面にもじりが!!

よく見ていると水面に浮かぶユスリカを
レイクが食べに来ています!

そこに狙いを定めてキャスト!!

一投目…不発。

二投目…もう少しレンジを下げ
水面に向かって浮上させるように引くと

「ガツン!!」

水中でレイクがもがいているのが見えます。
強引に足元まで寄せ「ネットイン」させようと
したところで気付きました。

「ネットがない!」

ネットは自分の後方3mの所に…
とりに行こうとした時に、
一瞬ラインテンションを緩めてしまいました。
その瞬間、フックアウト…

このポイントに見切りをつけランガンする事に。

そして、良さそうなポイントを発見!

スプーンを引いてくるとでっかい藻が
引っ掛かって来ました。
足元まで巻いてきてようやく気付きました。

「藻じゃない!!」

私のスプーンの後ろにピッタリくっついて
魚が追ってきています。
しかし、時すでに遅し…
魚も私の姿に気付きUターン。


少し時間をあけて、もう一度攻めてみましたが
追ってくることはなく、
ついてくるのは本物の「藻」だけ。

スプーンからトラウティンサージャーに変更し
一投目…底まで沈めスローリトリーブ。
カケアガリ手前で急浮上させながら
トウィッチすると…

「ガンッ!」

すかさずあわせを決めると
魚が一気に走り出しました。
そして次の瞬間ジャンプ!!

「ヤバい」

これ以上、時間を掛けるとばれてしまう…
そう思い、強引に引き寄せネットインしようと
したところで片方の目に水を掛けられた…
(片目だと距離感がつかめない)
必死の思いでラインディング成功。



50cm弱(?)位のニジマスでした。

このニジマスには、本当に救われました…
ありがとう。

何故かもう一匹釣れる気がして
キャストを再開します。

ヘブン16gに変更しフルキャスト後
底まで沈め、ゆっくり巻き上げて来ると
スプーンのフックが絡まってしまいました。
グリグリ巻いているとラインが横に動いた。

「?」

巻く手を止めると「コンコン」と引いている。

上がってきたのは



20cm位のかわいいレイク。
このスプーンで、このサイズが釣れるとは…
ちょっと驚きです。笑

その後も終了時刻ギリギリまで粘りましたが
魚からの反応はありませんでした。

今回は、なんとか魚を釣る事ができたので
よかったです。

次も釣れるといいなぁ…



釣行時間
4:00~18:00

by hiro

category:

Posted on 2013/05/06 Mon. 15:10  edit  |  tb: 0   cm: 8  

利根川シーバス釣行(2013/5/3) 

この日はチームメンバ3名が揃っての釣行。
お正月振りかな。

hiro君のリクエストで今回の記事は私が書くことに。
(シーバスのことはわからいので、追記お願い >みなさん)

この日はシーバスを狙いに利根川へ。
私はシーバス釣りのことはよくわかないので、
数を打てば当たるの発想でひたすらキャストを繰り返す。

しかし反応は出ず…。
残念ながら3人ともノーヒットに終わった。

しかし、どの釣り場もタバコの吸い殻が多い。
数えてみたが、10本以上は軽く落ちていたと思う。
ポイ捨て=ポイントを潰すことになるのに…。
楽しさ半分、残念な気持ちが残る釣行であった。

by yoshi

category: シーバス

Posted on 2013/05/04 Sat. 16:08  edit  |  tb: 0   cm: 4  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。