08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ウォルトンガーデン(2012年シーズン1回目) 

【9/29(金) トラウト(管理釣り場)】
hiro君がジョイバレーで釣りを行っているその時、
偶然にも僕も管理釣り場で釣りをしていた。

場所はウォルトンガーデン。

ウォルトンガーデンの店主のブログで最近調子がよいというエントリーがあったので、
久しぶりに行くことにした。
もうすぐ10月、トラウトもハイシーズンに突入する。

金曜に有給が取れたため、プレッシャーの少ないウィークデイの釣行となった。
天気は悪く、台風が近付いていた影響で、風はかなり強く、雨も横殴り。
しかしせっかくのウィークデイの釣行なので、強行することにした。

11時に受付をし、時間券(2時間)を購入。
先行者は3人。
爆釣という様子ではなく、かなり渋いように見える。

今日はとにかく釣りたかったので、
序盤から初心者エリアとなっている入口付近の流れ込みを攻めた。

去年実績のあったムカイ製のつぶあんを使う。
が、反応はない。
ルアーをCrackJackに変更し流れ込み付近にキャストするとヒット!


これでボウズは回避。
しかし後が続かないため、スプーンに変更。
この日はカウントダウン3位が反応がよかった。
スリムスイマーやMIUでポツポツと追加していく。

その後、メインポンドの隣にあるジェームスポンドに移動する。


つぶあんにヒットしバレただけで釣果はなかった。

時間までCrackJackやスプーンで追加してゆき、
結局2時間で7匹という結果に終わった。

強風でラインがよく見えず、去年練習した縦釣りが出来なかったのが残念。

これから本格的にシーズン突入となる。
しばらくはバスと掛け持ちになるが、管釣も積極的に行きたいと思う。


by yoshi
個人blog↓
http://blog.livedoor.jp/shagia1100/
スポンサーサイト

category: 管理釣り場

Posted on 2012/09/30 Sun. 10:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雨の管理釣り場 

今日は雨で仕事が中止になりました。
中止になったら渓流釣りに行こうと
決めていたので早速嫁に相談!
嫁の答えは「No!!」でした。


トラウトを最後に釣りに行ったのは
5月の終わりにいった中禅寺湖。
渓流釣りに限っては
4月の桂川釣行以来行っていません。
どうしてもトラウトを釣りに行きたかったので
「管理釣り場は?」
と聞くと
「管理釣り場なら…」
と言う返事が帰って来たので管理釣り場に決定!

場所は千葉県成田市にある管理釣り場に決定。
向かっている途中
「まさかボーズなんてことは…いや今日は大丈夫なはず!」
自分に言い聞かせながら向かいました。

受付を済ませ始めてみると案の定あたりがない。
焦る気持ちを必死におさえながら
キャストを続けると
「来た!」
あがってきたのは20センチほどのニジマス。

ほっとしました。
スプーンで水深1メーターラインを
デッドスローで引いてのヒットです。
そのあともカラーを変えながらちょこちょこ
ヒットさせる事ができました。

なんだかんだでニジマス10匹釣って終了。

最初はどうなるかと思いましたが
なんとかボーズは避けられたので良かったです。

by hiro

category: 管理釣り場

Posted on 2012/09/28 Fri. 20:07  edit  |  tb: 0   cm: 0  

利根川支流 ラン&ガン 

【9/15(土) バス釣り】
久しぶりに地元の友人K君とバス釣りに行ってきた。
今日は利根川支流をラン&ガンするという作戦にした。

利根川方面に行く前に、まずは北浦の某ドックを様子見。
夕方はどこのドックもベイトがざわついているが、朝(8時半頃)はそれほど活発ではない。
雲が掛かっていて、日差しはそれほどでもなかったが、セオリー通り日陰、船の際を狙う。
3インチグラブと、カットテールのネコリグを投入してみるも、ヒットせず。
ラインが微かに動くことがあたが、乗らず。

続いて、 香取市付近の水路へ移動。
7月頃に40upを上げた実績のある場所で、杭や葦が点在し雰囲気的にもいい場所だったが、
行ってみると何と渇水している。
だが、ベイト(ボラの稚魚)は数多くおり、水面はざわついている。
一応、探ってみることに。
護岸沿いを3インチグラブで攻めると、ラインが動いた。
合わせると乗ったがすぐバレてしまった。アタリと引きを考えると15cm程度のバスだろう。
川の中央付近で、ベイトがざわついている場所付近も攻めるも、1度だけラインに違和感を感じただけでヒットせず。

続いて、成田方面の某排水機場を攻める。
ベイトも活発で、正午付近にも関わらず、バスのボイルも時々見られた。
ハードルアーで広く探ることにした。
ルアーはTN/50のキンクロをチョイス。ベイトがざわついている付近にキャスト。
すると2投目リトリーブ中、急に重くなる。
ゆっくりと重いアワせを入れると乗った。
ラインブレイクに気を付けながら寄せ、ランディングネットで無事捕獲!


43cmのバスをゲット!
ハードルアーで釣れるとやっぱり面白い。
その後、
CrackJack やソウルシャッド、
Cablistaで攻めるも反応なし。
しばらくして、雨がぽつぽつと降ってきた、涼しくていいなーと思っていると、
急に雨が強くなってきた!最近多い、ゲリラ豪雨…

一旦休憩し、昼食を取り、雨が止んだ後、目につくポイントを攻めるも反応なし。
日差しも強く雨上がり後なので、非常に暑く感じる。

夕マズメの時間帯、最後に北浦の某ポイントに移動。
8月の夏季休暇中、数多くの実績を積んだが、9月はどうかと気になっていた。
幸い先行者はいなかったため、釣りに集中出来る。
まずは3インチグラブで流す。時々ギルらしきアタリがあるも反応せず。
ラインが動いたりするも乗らない。
5時頃、本格的な夕マズメになりベイトも活発になる。
ここぞと思い、CrackJackを投入。
ゆっくりと巻いていると、軽く引っ張られるアタリを感じた。
すかさずアワせるとなんとアワセ切れ…情けない。

その後、少し暗くなってからスピンソニックで遠投していると、
何かがヒット!やたら引きが強く、潜られるような引きだったが、
またもラインブレイク…ラインチェックが甘かったのか…。

暗くなったのでバス釣りは切り上げることにした。
その後、シーバス狙いで利根川の某橋に行ったが、まったくいいところなく終了。

ここからが問題。
疲れていたので早く帰りたいと思い、土手から道路に出ようとするとガコっと音がなった。
アクセルを踏んでも車が動かない…車をチェックするとサイドバンパーが土にハマっていた。
急な段差を無理やり車で越えようとしたからこうなったのだろう。
押してもらったりしても脱出出来ず、仕方なくロードサービスを呼ぶことに。
レッカー車まで出動してもらい、1時間の待ちの後無事救出してもらった。
レッカー車出動の追加料金で2万円をロスト。

夜オフロードは走るのは危険過ぎるので、気をつけようと思う。

by yoshi
個人blog↓
http://blog.livedoor.jp/shagia1100/

category: バス

Posted on 2012/09/19 Wed. 18:06  edit  |  tb: 0   cm: 4  

ひさびさのサーフ 

この頃リバーシーバスが全く釣れず
気分転換をかねてnori君と鹿嶋のA地区サーフに。
サーフシーバス狙いです。

今日は仕事が早く終わったので夕暮れには間に合いそう。
海につくとかなり風が強い。
回遊シーバス狙いでブレイクをラン&ガンしながら
アップテンポに攻めます。
レンジバイブで遠投し
ファーストリトリーブ&ジャークの繰り返し。
nori君はミノーで回遊待ち。
反応が無いので近くにあるヘッドランドに移動します。
ヘッドランドの先端は波がかぶっていて
かなり危険。
しかし勇敢にもヘッドランドのウィングの先端で
釣りをしている餌釣り師の方を発見。
命の危険を感じたので
ウィングの内側を攻めることに。
いい離岸流が出ていたので
その周辺で粘ることに。
するとnori君の竿が曲がっている。
しかし引いている様子はない。
地球を釣ってしまったようだ。
しばらくすると餌釣り師の方が帰ってきたので
話を聞いてみるとアジが釣れたということでした。
そして親切に
「そこでさっきヒラメが釣れてたよ」
と教えてくれました。

早速nori 君とヒラメ狙いに変更!!(笑)
さっきまで早いテンポでさんざん攻めた結果
ノーバイトだったので
活性はあまり高くないと予想。
そこでワームで底近くをスローに引いてくる事に。
離岸流の脇にキャストして底とり
底を取りスローリトリーブ。
もう一度底を取り直してまたスローリトリーブ。
そして小さなアクションを入れた直後
何かに引っ掛かりました。
「ゴミか?」
重いが巻くことはできます。
訳もわからないまま引いてくると
いきなり竿に生命感が伝わってきました。
目の前にテトラがあるので潜られないよう
慎重にラインディング。
あがってきたのは50cm位のヒラメでした。
fc2blog_201209172107373ae.jpg

久しぶりのフィッシュイーターに
手が震えました!笑
今回はこの一匹で終了。

次回も釣れますように!

by hiro

category: ソルトウォーター

Posted on 2012/09/17 Mon. 21:28  edit  |  tb: 0   cm: 0  

全員集合! 

チームを立ち上げてから初めてチーム全員集合です。
全員といってもメンバーはyoshi君とnori君と自分で三人しかいないんですけど!!笑
昨日は三人で利根川をラン&ガンならぬドライブ&ガンで攻めました。

最初に行ったのは利根川河口付近の漁港。
時刻は午後9時。
漁港にはベイトがたくさん入っていて所々でボイルがあります。
それぞれに釣り始め最初にシーバスを掛けたのがnori君。
寄せて来るときにまさかのラインブレイク!!
その後はみんな、何をやっても掛ける事が出来ずポイントを移動する事に。

次に入ったポイントはさっきまでいた所の対岸です。
ここも漁港ですが思っていたより暗い。
というより真っ暗ッ!!
しかし川をよくみるといい流れがでています。
ここで釣りをする事に決定。
しばらく釣りをしてみると川の方から変な音がしてきました。
よくみると水面に時々巨大な何かが現れるのが見えます。
たぶんあれはスナメリだと…。
姿をはっきり見ていないのでなんともいえませんが
スナメリがいるとシーバスは釣れないと言う噂があったので移動する事に。
次に入ったポイントでもアタリを出すことができず最後のポイントへ。
時刻は既に午前0時を回っていました。

釣れる釣れないはさておき、ここにはシーバスが必ずいます。
そして利根川GTも…笑
ここで必ず釣ってやると気合いを入れ直し釣り始めます。
まずシンペンを結びフルキャスト!!
着水後すぐにラインに変化が現れました。
すかさず合わすとヒット!

一瞬でヤツだと言うことがわかりました。
こないだの落水を教訓に今日ネットを使うことに。
今回は足元まですんなりよって来てくれました。
しかしネットに入れようとした瞬間ものすごいダッシュ!!
利根川GTの背ビレにルアーが引っ掛かっていてバイブレーション状態。
寄せてもすぐに反転してしまい1人ではかなりきつい状態。
すぐさまNori君に応援をたのみネットですくってもらいました。
あがってきたのは80upの利根川GTでした。
その後Yosi君とNori君はシーバスを掛けましたが
バラしやらラインブレイクやらでかなりお悩みの様子。
そんな状態が続きお帰りムードに。
時刻はもう午前2時を回っている。
「たばこ一本吸ったら帰ろうか」
眠さも頂点に達していました。
そんな俺たちとは裏腹に俄然魚たちの活性はあがってきました。
ボイルがあちこちで起きており、さっきまでとは様子がちがいます。
よく川を見ているといつもは水面下で捕食しているシーバスが
水面から背ビレを出して捕食しています。
しかもかなりでかいシーバスです。
80upはあろうシーバス達がガンガン、ベイトを追いかけています。
「でも俺のは食わないんだろ?」
そんな気持ちでとりあえずキャスト!!
「…。」
「あたった!」
しかしヒットには至りません。
nori君にも火がつきキャストを再開。
するとnori君にヒット!
でもすぐにラインブレイク…。
そんなことをしているうちにお祭りは終了!
そして今日の釣りも終了。
少し離れた所で釣りをしていたyoshi君に結果を聞いてみると
2バラしだったそうです。

結局今日は全員ボーズでした!
次こそは必ず釣りたい!

by hiro

category: シーバス

Posted on 2012/09/09 Sun. 18:42  edit  |  tb: 0   cm: 0  

利根川支流探索 

【9/8(土) バス釣り】

夜からフィッシングチームでシーバス釣行行く予定だったので、
実家に帰省する途中、某利根川支流でバス狙いで短時間釣行を決行した。
夕マズメのみの釣行。気温は28℃程度で割と涼しい。

バス釣りだけでなく、利根川の支流なので、シーバスのポイントかどうかもチェックした。
利根川本流から近く、川幅も広く、常夜灯、水門もあるため、十分シーバスが付きそうなイメージだった。
残念ながらボイルはみられなかったが…。

まずはバス狙いで、水門付近を3インチグラブで流す。
近くに小さい石積が並んでいたため、そこを通すとヒット!
15cm程度の手乗りバス…。
だけど、1匹は1匹なので、ボウズ回避!


バスはいることがわかったので、石積の上を、 製品モニタを依頼されているCrackJack で流す。
しかし反応はなし…。
やはりある程度の大きさのバスで、活性が高くないと食わないのか…。
この時ボイルは発生していなかったので、活性は高いとは言い難い。
今回、水深1m以下+石積という条件で試してみたが、根がかる気配はなかったので、
1m程度の水深があれば、障害物が沈んでいる場所でも積極的に使って行けそう。


続いて、係留している船を発見したため、
その横を3インチグラブで通す。
すると、また手乗りバスがヒット。



まだバスは付いていないかと、続けて探ると大きいアタリ。
も乗らず、散歩している人に話しかけられて、しばらく様子をみていてくれたので、
ギャラリーがいる前で釣りたかったが残念。

結局釣果は2匹であった。
夜に行ったシーバス釣行の記事は別途…。

by yoshi
個人blog↓
http://blog.livedoor.jp/shagia1100/

category: バス

Posted on 2012/09/09 Sun. 15:14  edit  |  tb: 0   cm: 0  

久しぶり 

昨日の夜7時過ぎくらいから1ヶ月ぶりのシーバス釣行に行ってきました       最初のポイントでは姿は見えるけど食わない掛からないショートバイトが少しあるくらいやっとのシーバスの明確なアタリえ?まさかのフッキングが決まらずばらしその後も投げ続けるがショートバイトのみどーすりゃ食うの?その後ポイント移動H君にヒット竿を見るよく引くな~出ました!利根川GT職人だね投げるたびにコツコツGTにあたる感じまたまた移動いつもの場所へ色々試すがショートバイトのみで掛からずベイルーフSV-80をカウントダウンして引いてくるレンジを少しずつ変えてやや早巻きヒット次の瞬間エラあらい本命出現軽いな~‥上がってきたのは40くらいのシーバス久しぶりだから嬉しかったまた頑張りますヒットルアーベイルーフSV-80レッドシャイナー


category: シーバス

Posted on 2012/09/06 Thu. 20:10  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ルアーに反応しないシーバス対策 

ボイルが発生しているのにも関わらず、ルアーに全く反応しないシーバスを何度か見かけた。
色々考えたが、やっぱりワームしかないのかな…と思う。

どんなワームがいいか考えた結果がこれ。
エコギアのパワーシャッド+7gの波動の少ないジグヘッド。


ルアーに反応しないということは、スレている可能性が高いので、
小さめの3インチにした。
これで早く試してみたい。

また、ランディングネットを3000円で購入!


折りたたみ式なので、バスでも使用する予定。

by yoshi

category: シーバス

Posted on 2012/09/04 Tue. 22:28  edit  |  tb: 0   cm: 0  

利根川釣行 

夜8時すぎから利根川に行ってきました。
今日は雨が降ったのでシーバスの活性が上がったのではないかと勝手に期待を膨らましていました。
しかし川におりるといつもはいるはずのベイトがいない!
でもここにはシーバスが居ついているはず!
とりあえずローリングベイトを結びゆっくり水面近くを引いてみます。
「…。」
異常なし!!
ならばと今度はリフト&フォールで狙う。
何回か投げるとアタリが出たのでポイントを移動しながら攻めます。
するとフォール中、ラインに異変が!
すかさず合わすと乗った!!
強烈な引きに嫌な予感が頭をよぎる…利根川GT だ。
「また君か…ネット使いたくないしどうやってルアーはずそう…」
そんなことを思っているうちに嫌な感触がロッドから伝わってきた。
ラインが川の中にある何かに擦られている。
「ヤバい!!」
と思った瞬間ルアーがはずれた。
「良かった 」
ルアーを巻いてくるとどんどん重みがなくなっていく。
ラインの先にルアーはついてなかった…。

このローリングベイトには愛着がわいていたのでショックはかなりでかかった。

その後アタリを出せずにゲーム終了。
この日も利根川GTだけでシーバスの顔はみれませんでした。
次こそシーバス釣ってやるぞ!!

by hiro

category: シーバス

Posted on 2012/09/02 Sun. 23:51  edit  |  tb: 0   cm: 0  

利根川シーバスゲット 

詳細の場所は控えるが昨日も利根川水系でシーバスを狙いに行った。
基本的に橋脚を狙う釣りになる。

今回は自分なりに研究し、前回反応が良かったレンジバイブの早巻き、
ローリングベイトの早巻きで攻めることにした。
基本的に高速で巻き、表層付近のレンジを狙うため、根がかりの心配はない。

まず、前回調子の良かった橋を攻めるが、先行者あり…
対岸は草だらけ…だが頑張って藪こぎし、岸に到着。
残念ながらボイルはなく、アタリもほとんどない状況だった。
H君はここで利根川GTをゲット。

利根川水系からは外れるが、シーバスが生息する穴場に移動。
水面を確認すると、ボイル多数、これは期待出来るかも…と思いローリングベイトを投げると、
着水後、少しリトリーブしたところでヒット!
エラ洗いに注意し岸まで寄せて、H君に網アシストしてもらい無事ゲット!
40cm位だが、間違いなくシーバス。
念願のシーバス初ゲット!


H君は次の日仕事だが、テンションが上がり別のポイントを周ることに。
潮来周辺の橋に移動すると、水面がとてつもなくざわついている。
たまに、ぎぃーとの音が聞こえる。
これはまさか…と思っていると、H君がヒット。
やっぱりナマズだった…しかも60cm位の巨大ナマズ…
H君は巨大ナマズとの戦いで、落水…。怪我がなかったみたいでよかった。
そのポイントでニゴイをゲット。


最後に佐原付近の某橋で様子を見る。
ボイルはあるが、アタリがほとんどない。
たまにショートバイトがあるが乗らない…。
ボイルが発生しているが、食わないというのがちょっと悔しい。
今後はボイルが発生している状況で、どのように食わせるかが課題になりそう。

何はともあれ、念願の1匹をゲット。
シーバス釣りにハマりそう。

by yoshi

category: シーバス

Posted on 2012/09/01 Sat. 19:57  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。